都市環境部 都市開発室
川崎 泰伸
山梨大学 工学部 土木環境工学科卒業
2019年入社
メッセージ
人の役に立つ仕事ができます。
入社動機は?

大学で土木を学んでいて、漠然と公務員に就職すると思っていました。しかし、就活時に建設コンサルタントの仕事に興味を持ち就活する中で、昭和設計は受注した仕事をこなすだけではなく、積極的に業務の提案を行う仕事の姿勢や地域の「想い」を大切にする企業コンセプトに共感し、入社を決めました。

入社1、2年目はどんな仕事を?

1年目は、GISソフトを学びながら、都市計画マスタープランや国土利用計画の資料として、人口や生活等のデータをまとめ、その地域の特徴や課題を抽出し、上司の下で将来のまちの姿についての検討を行いました。その地域の人はどういう生活をしているか、どんな生活環境にあるのかを調べると、静岡を知るきっかけになりました。
2年目は配属が変わり、Auto CADを使用して駐車場の設計や電線共同溝の計画、バリアフリー整備等、幅広い業務に携わっています。部署ごとに使うソフトが違うのでなれるまでに時間がかかりました。

現在の仕事内容は?

2年目の業務を継続して、電線共同溝の計画やバリアフリー整備についての設計を行っています。それまでは、資料を作成して、上司の打合せに同行する立場でしたが、徐々に直接行政の担当者と連絡を取り合い、打合せでは上司同行の下、自ら資料や設計についての説明を行えるようになりました。自分が主体になり答えなければいけません。その場で応えられることばかりではなく、持ち帰って調べ直すことも多いので、つねに勉強しています。

これまで携わった仕事を教えてください。

森町 都市計画マスタープラン及び国土利用計画の策定

この会社に入っていちばんはじめにやった仕事です。見せ方にこだわり、わかりやすくするために修正を繰り返したこともあり、とても達成感がありました。

将来どうなっていたい?

まずは、担当する業務を確実に実行する力をつけていく中で、上司を参考に担当者の要望に応える知識や提案力を養います。
さらに、技術士を取得し、自ら仕事をつくりだせるコンサルタントとして成長していきたいです。

地方の建設コンサルタントの魅力は?

地域に寄り添っているからこそ、その地域の状況や環境、課題をより理解し、地元の人々と対話を重ねることで、問題に対して的確に対処することができます。大手のように全国的に名が通ることは難しいかもしれませんが、地域の人々からの信頼や感謝をより近くで感じられる仕事です。
地域の人が知るまちのいいところを聞くワークショップを実施しています。将来の地域を計画する中で地域の人の熱量を感じ、みなさんからいただいた意見を込められるように、企業の貢献度を高めていきたい。

趣味、休日の過ごし方など

旅行や観光が好きなので、SNSやテレビ等で人気の店舗を探しては、実際に足を運んでいます。今までは、他県の観光が多かったのですが、静岡県で仕事をしていることもあり、県内の市町をもっと知るためにも、県内を観光することが増えました。

ある1日のスケジュール

8:00 出社
8:30 始業、メール確認
9:00 全体会議に向けて打合せ資料の作成
11:00 上司に内容を確認してもらう
12:00 昼食・休憩
13:00 上司から指摘された箇所の修正
15:00 担当者との内容確認及び修正
17:30 定時が終わったため、休憩
18:00 説明の流れや見せ方について最終確認
19:00 資料を印刷し、明日の準備をして、退社