設計部 上下水道室
福塚 桃花
福井工業大学 工学部 建築土木工学科卒業
2020年入社
メッセージ
モノをつくるだけが仕事じゃないところが「スゴイ!」。
入社動機は?

実は大学までずっと福井でした。父親の赴任先が静岡だったこともあり、こちらに。大学では建築を専攻していましたが、研究室で防災、まちづくり関係に興味を持ち、行政か建設コンサルタントの仕事が一番近かったのでこちらの道に進みました。ずっと住宅設計をしていたので、はじめすごく不安でした。地面より上をやっていたのが、地下に埋まっているものにも携わることになり、わからないことばかり。CADも建築と土木は違うし、専門用語もなんとなく聞いたことがあるなという程度で、もう日々勉強です。

入社1、2年目はどんな仕事を?

1年目は補償の仕事を担当しました。影響する建物や工作物や立竹木等の現場調査を基に図面や調書を作成し、積算する業務に関わってきました。補償の業務をやってみると、もともとあった建物がなくなる実際を知ります。そもそも補償の業務がないと前に進まないことや、ものをつくるにはそれだけではなく、様々なことが関係していることも知りました。

現在の仕事内容は?

設計部に配属されてまだ数ヶ月、先行埋設物の資料等から現状況を図面にプロットしていく作業をしています。水道局はもちろん、ガス会社、通信会社に行って、埋設物の資料を集めが多方面にわたるので、集めるのが意外と大変です。収集した資料から図面作成、計画を進めていきます。
現在、この部署で設計の女性は私一人ですが、だからといって、有利、不利ということは感じたことはありません。

これまで携わった仕事を教えてください。

山脇大谷線や静岡清水線に影響する建物等の補償業務

補償を担当したときに、実際に影響する桝等を空けて中を見た経験があり、桝中の状態のイメージができるのが今の仕事に役立っています。

地方の建設コンサルタントの魅力は?

地元に密着した仕事が多く、事業も身近なものが多く、地域に貢献していると実感しやすいことが魅力だと思います。福井から来たから静岡のよさを実感しています。静岡は気候がよく、冬も暖かくていい。交通の便もいい。福井では雪が降ると交通が止まってしまうから、その点でも恵まれています。

将来どうなっていたい?

今まだ、当社に女性の技術士がいないので、女性第1号になれるように頑張ります。まだ技術士補すら取っていないのでまだまだですが、目標は高く持っていたいので。将来的に家庭を持っても、女性技術士として地域と会社に貢献できるようになっていたいと思います。

趣味、休日の過ごし方など

旅行することが好きなので、休日は県内で少し遠出をしてリフレッシュしています。また、コロナ渦で自宅にいる時間が増えたため、資格の勉強等に時間を使っています。

ある1日のスケジュール

8:15 出社
8:30 CADで図面作成
12:00 お昼休み
13:00 設計に必要な資料収集
16:00 会社に戻り、図面作成の継続
18:00 退社