設計部 インフラメンテナンス室
戸塚 慶
名古屋工業専門学校 建築製図学科卒業
1999年入社
メッセージ
安全が、誇りになる。
入社動機は?

建築系専門学校に通っていましたが、在学中にはじめて測量を学び、そこから測量に大変興味を持ちました。当社を志望したのは、県内では測量コンサルタントとしても有名でしたから。最新のデジタル機械も興味深いですが、測るという仕事自体が面白いです。

入社1、2年目はどんな仕事を?

入社後は西部事務所に配属し、主に区画整理や道路拡幅に伴う杭打ち測量に携わりました。1年目は何も解らない状態で、先輩方の計測作業にハンマーでの杭打ち等、補助的な作業がメイン。2年目は徐々に測量を覚えていき、測量機器を扱っての計測作業をしていました。

現在の仕事内容は?

今では主に橋梁、道路照明灯、道路案内標識、横断歩道橋等の道路インフラの点検作業に従事。損傷をこぼしなく拾えるよう、基本目視、近接目視、打音、触診検査などを慎重に行っています。インフラ系の仕事は、重要な責務を担っているのでやりがいがあります。

印象に残っている仕事は?

新幹線の上をまたぐ橋梁点検の際、新幹線の電気が止められるのがわずか1時間。その中で、集中して時間内でやりきりました。普段は入れないところで、緊張しましたが、やり終わったときの充実感がありました。

地方の建設コンサルタントの魅力は?

自分が携わった仕事で、自分の住む街や地域が安全に保たれ、進化していくことに誇りを感じることです。

趣味、休日の過ごし方など

城郭・神社・仏閣等の歴史巡りが趣味で、これまで35の都道府県の城、穴場をめぐっています。

ある1日のスケジュール
8:10 出社
8:25 朝礼
8:30 始業・点検現場へ出発
9:00 現着・作業前ミーティング・午前点検作業開始
12:00 昼休憩
13:00 午後点検作業開始
17:00 点検作業終了・作業後ミーティング
17:30 帰社
18:00 点検データ整理・明日の作業準備
18:30 退社