西部事務所 調査設計室
平田 翔汰
静岡県立磐田農業高等学校 環境科学科卒業
2016年入社
メッセージ
顧客や、先輩に頼られる社員になり、地域に貢献したい
昭和設計に入社を決意した決め手

学生時代から測量という分野に興味がありました。会社訪問をした際の先輩方の話や、明るい職場の雰囲気に惹かれました。

所属部の主な業務と担当している仕事

私は調査設計室に所属しており、主に測量調査を担当しています。主な業務内容は、道路や河川などの測量調査を行い、設計や計画の基となる図面を作成します。また、土地や境界の測量を行い、用地取得するための資料を作成します。

ある1日のスケジュール
8:00 出社。今日の作業に必要な資器材の準備をします。
8:30 現場へ出発。 先輩の指示を仰ぎながら、“素早く、正確に”を心掛けて頑張ります。
9:00 作業開始。今日は現地測量。計測機器・電子平板を用いて、道路、建物、土地の起伏などを計測していきます。
12:00 休憩。
13:00 現地測量の続きを行います。
17:00 会社へ戻り、本日の作業データの取り込み、整理。
17:30 明日行う業務の確認、準備を終えたら帰宅します。
これまで最も印象に残っていること

地上レーザースキャナを用いた測量です。

急な崖地での測量でも、斜面を登らないで、地上から安全に短時間で正確に計測ができます。

私から見た昭和設計の社風

上司や先輩が優しく、時には厳しく接して下さいます。

また顧客の質問や、社内での諸問題に迅速に対応する事を心掛けています。(ワンデーレスポンス)

昭和設計へ入社を希望される方へのメッセージ

会社、上司、先輩のサポートのおかげで、仕事に対する力量だけでなく人間としても“大きく”成長できます。

オフタイムの過ごし方

現場で作業することが多い為、休日は自宅で読書やDVD鑑賞をしながら過ごすことが多いです。