2021年9月に新社屋が完成。昭和設計は静岡市葵区若松町に拠点を移し、気持ちを新たに地域のために、地域とともに歩んでいきます。
このエリアは、昔から製茶問屋さんや木工関連の会社や工場が多く、静岡の歴史が刻まれた場所です。
今回の移転をきっかけにして、さまざまな「かかわり」をテーマに地域とともに歩んでいきます。

 

地域との調和をカタチにした外構と社屋。

新社屋の正面の道には歩道がないため、地域の皆様の安全を考え敷地内に歩道を設計。
歩行者がショートカットできるように斜めの通路も整備しています。また、散歩途中の休憩用にベンチも設置しました。
地域の人の安全と快適をカタチにしました。

昭和設計新社屋

「地域に寄り添う」を象徴する開かれたエントランス空間。

敷地内に設けられた歩道

歩行者の安全を考え敷地内に歩道を設計。誰もが使えるベンチも設置しました。

 

【1Fフロア】総務部・営業部

「ようこそ」の想いをイメージした明るい正面玄関口。

広く明るいエントランスロビーがお客様を明るく迎え入れます。裏口は、機材の搬入がスムーズにできるよう利便性を高めました。

 

【2Fフロア】都市環境部・企画開発部

コミュニケーション機能を高め、カフェスペースも。

部署ごとの垣根を低くして、お互いの顔が見えるように空間を設計。会議室も充実させてコミュニケーション機能を高めました。社員のリラクゼーションスペース用にカフェコーナーも広くとっています。

2階の会議室

少人数の打ち合わせ用の小会議室。モニターを完備し、リモートにも対応。

昭和設計2階のカフェスペース

ランチスペースやちょっとした打ち合わせに活躍するカフェスペース。

昭和設計2Fフロア

一人ひとりのスペースを広くとり、落ち着いた仕事環境を実現。

部会などのための会議室。普段は2部屋に分割していますが、必要に応じ1つの大空間にすることも可能です。

 

【3Fフロア】設計部・調査部

風通しのいい、横のつながりを意識したフラットな設計空間。

配置をシンプルに、動線をスムーズにすることで効率のよいデスクワークをサポート。デザイン性があり構造がむき出しになった天井部は、クリエイティブな作業を刺激します。

天井が広く、開放感のある設計部のワークスペース。

すっきりとした空間が、設計作業をサポートします。

すべてのデスクにデュアルモニターを採用するなど、働きやすさを重視しています。