むらかみ切り取り

調査部 測量調査室

東海大学  海洋学部 海洋資源学科卒業

2017年4月入社(入社1年目)

メッセージ

みんなの生活を支える、縁の下の力持ち

■昭和設計に入社を決意した決め手

2017年4月に入社。それまで東京都で11年間、測量の業務を行なってきました。家庭にも恵まれ、将来のことを考えて静岡市内での転職を考えました。静岡県で測量業務を行っている会社のHPや受注状況を確認し、何社か面接も受けました。内定も何社かから頂きましたが、昭和設計に決めた理由は、面接の時に感じた社風や自分が今まで、行なってきた公共測量の分野にも力を入れていて、自分の経験を生かせると感じたからです。

■所属部の主な業務と担当している仕事

調査部は、測量・設計・補償を主な業務としています。私は、測量業務全般を行なっています。現在は、災害復旧事業や地籍調査・出来形測量を担当しています。

ある1日のスケジュール

8:00   出社。作業着に着替えます

8:25   朝礼。現場に出る時は、予定を報告します。

8:30   現場へ出発。みんなでまとめて会社から行きます。

9:00   現場に到着。機材を降ろして観測を開始します。

12:00  お昼休憩。昼食をとりながら午後の作業を確認。

13:00  午後の作業開始。夏場は熱中症対策のため、適宜、休憩しながら行ないます。

16:30   現場終了。会社に戻ります。

17:00   会社に到着。今日の観測のデータをまとめます。

17:30   本日の業務終了。明日の現場の準備と確認をします。忙しい時期は残業もします。

18:00   着替えて会社をでます。自転車で15分くらいで家に着きます。

■これまで最も印象に残っていること

入社して1週間程して行った、砂防ダムを設計するための測量が印象的でした。今まで、東京で街中の測量をやってきたので、山の中の自然に囲まれた測量は、初めてでした。測量のみではなく、設計もありますので、他部署との連携も大事になり、初めてづくしの現場で、測量の業務にも、まだやっていないことがあり、勉強になりました。

■私から見た昭和設計の社風

活気があります。これは、面接時から感じました。面接の時には、会社の歴史や業界の今後など、熱く親切に教えて頂きました。入社して思ったことは、現場仕事をおこなうと、社内は汚くなりがちな会社が多いのですが、昭和設計は整理・整頓が徹底されていて、きれいです。仕事の上でも、社内検査や勉強会があり、成果品の質が高いと感じました。

■昭和設計へ入社を希望される方へのメッセージ

これからの人生の大半をその会社で過ごすことになりますので、大いに悩んで、会社を決めて下さい。社会に出ると、さらに色んなことで悩みます。きっとその時に大事になるのが、今、悩んで出す答えだと思います。測量の分野は、近年、準天頂衛星の活用やUAV、3D観測など技術発展が目覚ましく、若い力が必要になります。ぜひ一緒の職場でがんばりましょう。

■オフタイムの過ごし方

子供(6歳、2歳)と公園巡り。土日は、子供に起こされて、一緒に家の周りを散歩します。公園やプール・お祭りなど、色んなとこに出かけて一緒に汗を流します。静岡に引っ越してきて、イベントがたくさんあり、エスパルスの応援にも行ったりして、静岡の生活を楽しんでいます。