(一社)日本建設機械施工協会 施工技術総合研究所の谷倉泉氏が、当社の技術顧問に就任したことをお知らせします。

昭和設計株式会社は、『その先にある笑顔をつくるために』を理念とし、地域の社会基盤整備に関わるにあたり、地域社会の健全な発展を実現し、広く社会貢献の役割を果たすことを使命として企業を運営しています。この度の人事により、インフラメンテナンス業界に長く活躍されている谷倉氏の協力を得て、インフラメンテナンスの強化に取り組みます。

<谷倉泉顧問からのコメント>

この度、縁あって昭和設計さんの技術顧問に就任致しました。微力ではありますが、これまでの経験やノウハウを活かし、県内を中心とした橋梁等の構造物のメンテナンス業務に役立てばと思っています。特に静岡県は、我が国でも交通の要所に位置し、道路も長く橋の数が多いのも特徴です。これらの多くのインフラのメンテ事業等を通じて、構造物の耐久性および社会の安全確保に貢献していければと考えていますので、よろしくお願い致します。

<谷倉泉氏略歴>

長岡技術科学大学大学院を経て、1982年に日本建設機械化協会建設機械化研究所(現:施工技術総合研究所)入所。同所では、鋼構造およびコンクリート構造等の橋梁に関するメンテナンス技術全般に従事。土木学会フェロー、特別上級技術者(メンテナンス)、国立大学法人 長岡技術科学大学非常勤講師、長崎大学非常勤講師。